脱毛サロン!その前に自分の毛について知ろう!

女性たちがあこがれるという脱毛サロン。

 

めんどくさいと感じる毎日のムダ毛のケアをしなくってもすむと今、広く人気を集めている美容術です!

 

が、その光脱毛だけど、少し待ってみて。

 

これを読んでるみんなは体に生えている毛の仕組みや構造を理解しているでしょうか。

 

脱毛サロンを選ぶときには、最初に自分の体毛について知っていることはかなり大切なことです。

 

それについて説明できると脱毛サロンに行った時も不安なことも払拭しやすくなります。

 

とはいえ、体毛についての知識を得たうえで脱毛サロンを調べる人は意外と少ないんです。

 

ということでこれから皆様の体の体毛の仕組みや構造などを説明いたします。

 

 

毛の根っこ、毛根部!

初めに毛の作りについて紹介するね。

 

このページを読んでいる皆様に生えてきている毛は肌から見えてるとこのことを「毛幹」表皮の部分から下にある部分を「毛根」って呼びます。

 

さらに奥、毛根の元毛根部の丸くなったパーツを「毛球」と呼ぶんだ。

 

先端には「毛乳頭」と呼ぶ箇所があります。

 

さらに毛乳頭の先っぽから毛細血管を使って栄養を吸い上げて体毛を伸ばしてる役目を負っています。

 

以上のため体毛の成長には体毛の一番根っこ詳細に言うと一番下の所にある毛球の先端の毛乳頭が大事なんだ。

 

以上の事からじぶんの剃刀で毛の見えているところを剃ってしまっても毛乳頭が剃り残されていると体毛は伸びます。

 

もっと詳しく言うといとこの毛乳頭は毛母細胞って呼ばれてるものが製造しています。

 

そのようなわけで毛を抜くことで毛乳頭を抜いても毛母細胞と呼称されるところが残っていると、

 

次の毛乳頭が製造されてきてまた毛が生えちゃうんだ。

 

 

毛が生える仕組みと周期

私たちに生えている体毛は成長する、抜けるちょっと休憩してさらに生えることがパターンをぐるぐる回っているのです。

 

毛が伸びる時期になると細い血管から毛乳頭の部分にまで長くなるために

 

必要な栄養が送ってこられて毛母細胞の場所にまで届けられます。

 

そうすると、毛母細胞の部分の細胞がどんどんおこって毛球と呼ばれるところが作られるのです。

 

そうして、止むことなく毛母細胞の部分ががんがんに作られてこれらが毛としてわかるまで十二分に長くなってしまうのです。

 

今度は、体毛が長くなる速さは体のパーツによって差異が出てきます。

 

頭髪は速く長くなり1日で0.3mm前後長くなります。

 

ちなみにワキにある毛も案外早く伸びてきて24時間で0.3mmくらい成長するのです。

 

今度はフェイス部分の眉毛やまつ毛は伸びるスピードは24時間で0.18mm長くなります。

 

と説明したようにひとまとめに毛と呼んでいてもその長くなる速さは全く違うのです。

 

 

毛周期ってどんなもの?

今からは上でお話した「毛周期」を少しだけ細かいところをまとめます。

 

最初の所で成長する、抜ける生えたりを繰り返していると言いました。

 

さらに体の毛には休む時期、成長する時期、退行する時期という新しく生え変わってくるための3種の時期が存在しています。

 

休止期の毛は皮膚の奥のとこの毛が生えるための用意をしていて、

 

成長期で養分を得ながらぐいぐいと成長し、

 

退行期になると毛乳頭と毛の離れちゃって抜け落ちるといった時期です。

 

以上のため、伸びているときの毛を自分で抜いても、お肌の奥の見えない部分には今から今度伸びる毛がまっています。

 

だから、せっかくがんばって毛を抜いてみてもまたスタンバイしていた毛が見えてきてしまうんだ。

 

もっと詳しく言うと皮膚から見える部分に出ている体毛は、全体の約3分の1でしかと言われてます。

 

その上毛周期は夫々体毛がある場所によってちょーっとずつ変化があります。

 

我々の体で最も毛周期が長くなってくるのは頭の毛で成長する時期は

 

4年くらいあって抜ける時期がくるとなーんにもしなくても抜け落ちます。

 

さらに詳しく言うと頭髪の場合では、1日で50本くらい自然に落ちると言われます。

 

プラスして体の部分と顔の部分だと顔の毛の方が抜けるまで間がないのも特徴です。

 

顔はほとんどの部分が2カ月程度で身体部分の毛のサイクルとして3〜4カ月。

 

そのため、全身に生えている毛を同じ時に抜いても顔面に生える毛が先に伸びてしまうのです。

 

 

毛の役割って?

ムダ毛と呼称されてますが、ムダと言われてもきちんと役割があるのです。

 

その役についてご説明いたします。

 

私たちの毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能4つの役割があります。

 

最初は皮膚を守る役目からです。
物理的なものから守ってくれる役目を示しています。

 

わかりやすい部分で言うと毛髪は頭、脇はこすれて肌が傷つくことを防いでいるってこと。

 

次に、保温・断熱機能です。
寒いところにいるときに保護してくれ、

 

そうじゃなくて直射日光などが当たる環境で暑さをしのぐことができる断熱機能のことを指します。

 

さらに、感覚機能です。
わずかに感覚は体毛にも感知機能があります。

 

毛がばくなると触覚がわずかに落ちるといういわれます。

 

最後に、紫外線防止機能です。
体毛には、日光から降り注ぐ紫外線を防いでくれる役目を持っています。

 

ご紹介したように、ムダ毛と呼んでても目的があります。

 

 

まとめ

どうですか?

 

私たちに生えている体毛がどんなものでそのムダ毛の仕組みについてお分かりいただけたでしょうか?

 

体毛の仕組みを知ることができれば、光をつかった脱毛がどのようなもので

 

通う期間についても理解しやすくなってサロン選びで役立つことと思います。

関連ページ

毛周期を知って脱毛上手になろう!
毛周期を知って脱毛上手になりましょう。体毛には毛周期と言うものがあります。毛周期は脱毛する際に大きく関わってきます。一体毛周期とはどんなものなのかを説明します。
お家で脱毛するよりサロンがいい
お家で脱毛するよりサロンがいい!ムダ毛の自己処理が面倒で、脱毛サロンに通おうかお悩みの方は、こちらでメリット・デメリットを確認してみてはどうでしょうか?脱毛サロンと自己処理を徹底比較しています。是非参考にしてください。
脱毛サロンに長期間通わなければいけないのはなぜ?
脱毛サロンに長期間通わなければいけないのはなぜ?脱毛サロンの全身脱毛はどうして長期間通わなければいけない理由は、毛周期が関係しています。一度で終了するなんて事はありません。最低でも2年間は脱毛サロンに通わなければいけないのです。